クリックして、メイン・ページへ!店長の日記
たいした事は書いていませんが、米工房の近況です。
2002年の日記 2003年の日記 2004 年の日記 2005年の日記 2006年の日記 2007 年の日記 2008年の日記 2009年の日記 2010 年の日記
2011年の日記 2012年の日記 2013年の日記 2014年の日記 2015年の日記 2016年の日記 2017年の日記


2018 年

うちわ、ぱたぱた♪
記録的に、暑い夏になりました〜。
暑中お見舞い申し上げます

お盆休みのご案内

商品の受注は、下記の間、できません。

2018年8月11日(土曜日・祝日・山の日)〜15日(水曜日)

★この休日の間でも、商品の到着日の指定はできます。
★ご希望の到着日を、指示してください。
★ご協力、よろしくお願いいたします。

冷夏で始まった北海道の♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。稲作ですが、7月6日の★ふれ!ふれ!は、応援だけど、雨は、降るなっ!大雨から、
一気に猛暑になりました♪
遅れ気味でした稲は、被害や成長の遅れなど、まだまだ心配が続いています。
それでも、ついに!稲に穂が出てきました♪

2018年7月30日 月曜日 晴れ 5:27Pm 気温28.7度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏



♪片目をつぶって、ウィンク米?農業という「ものづくり」。


取引先の工場を視察しに、名古 屋へ行きました。
企業まわりや、工場見学など、
日に8千歩ほど歩きました(笑)。

取引先の工場も そうですが、
『リニア鉄道館』、
『トヨタ博物館』、『トヨタ産業技術記念館』も
初めて見てきたのですが、
「ものづくり」の伝統が根付いていました。

やっぱ、モノ作りだよなぁ〜。北海道には、それが無い。がくっ。
6月23日、トヨタ産業技術記念館♪
ただ今の目玉は、 本丸御殿だが、時間が無くて見れなかった。残念!
6月22日、名古屋城は木造化の工事中。

ひるがえって我が北海道には、
自動車の組み立て工場すらなく、
「ものづくり」が弱いために、
本州以南や海外で作られた商品を買う一方です。

では北海道に は、「ものづくり」が無いのか?
と言いますと、
農業こそが自慢できる「ものづくり」であると思います。
わが社も微力ながら、
その「ものづくり」の手助けをさせていただいています。

2018年6月25日 月曜日
雨の予感?‏‏‏くもり 10:28Am 気温13.3度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏



2018年6月

リセットの夏


田植えが終わりました。
その翌日に、まとまった雨が田んぼを濡らしてゆきました。
気温があがると発生する厄介なコケのアオミドロが雨によって消え、
田んぼは美しい姿を現し、畑は恵みの雨に喜んでいます。

棚卸とマッチングという社会性。
5月24日、米工房の倉庫で、在庫の確認♪
届ける仕事。
5月29日、米工房から出荷。

こうして今年の新米は、
順調にスタートいたしました♪
では、お米屋さんは、
この時期、どんな感じ?

新米の登場が近づいて来る、
とゆーことは、
昨年の新米が、
古米になる日が近づいて来る、
とゆーことです。
「新米が劣化して古米になる。」のか、
「熟成される」のか。
いずれにせよ、
それは仕入れ時と、保管時の
お米屋さんの技術の結果です。
なかなか気温が上昇しない北海道ですが、
まもなく高温の夏がやってきます。
この時期にこそ、おいしいお米を、
変わらずに提供することで、
お米屋さんの技術が試されます。
乞うご期待♪

2018年6月2日 土曜日
晴れ 10:59Am 気温16.4度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏



2018年3月

再生の春


全国で、記録的な豪雪でした。
米工房がある北海道・沼田町は、
もともと豪雪地帯ですが、
さらに、豪雪でした〜。

それでも春 は、やってきます。
農家のみなさんは、
コメの種をまく準備が始まります。
中学3年生は、
新しい希望に出発しました。
ノマドの窓。
3月6日、『再会の塔』の除雪。
終わらないしかけ。
3月9日、沼田中学校『同窓会』入会。
私が再び、ここに来ることって、あるのかな?
3月11日、沼田中学校『卒業式』。
今日からデジカメは、IXY650。
3月15日、米工房で、精米♪
沼田中学校には、
『再会の塔』があります。
卒業式の前に3年生が、
作文「10年後の私」などを
タイム・カプセルに入れて、
この塔の中に入れ、
10年後に再会して開くのです。

この『再』は、『再』のようです。
この時期にコメの種がまかれるように、

季節がめぐるように、
中学生もたくましく成長してゆきます。


2018年3月28日 水曜日
晴れ 10:55Am 気温8.1度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏



2018年

あけまして
おめでとう
ございます


みなさま、健康で
 新年を迎えられたことと思います。

米工房は、 1月5日(金)より、
本格的な営業を再開させていただいています。
さっそく、多くのご注文をいただいています。
おかげさまで今年の「初荷」も順調に開始でき、
あらためて感謝を申し上げます。
「おいしい♪」を、届けるために。
元旦の札幌市『北海道神社』。
買った古本4冊は、片岡義男『日本語の外へ』、小川隆夫『マイルス・デイヴィスの真実』、國分功一郎&山崎亮『僕らの社会主義』、SWITCH2017年1月号『荒木経惟』。
我が家のお正月(笑)♪
お米の生産現場では、
昨年に引き続き、いよいよ具体化に向かう
「減反の廃止」、「TPP」、「農協の改革」、「消費税」など
政治がらみの不透明さで混乱しています。
かつての農業は「天候」が一番の気がかりでしたが、
現在は「政治」が一番の気がかりなのでしょうか。

そして、米工房にとっての 2018年は、
例年どおりに、
田んぼでの苦労と、
食卓での笑顔を
結び付けられる年になればいい なぁと考えています。


生産者が想う「米」への気持 ち、
消費者が感じる「ご飯」から生まれる愛情。

今年の米工房も、そんなみなさまの間で喜ばれる
集荷、精米、配達な どをしていきたいものだと想います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月6日 土曜日 雪 2:52Pm 気温-2.2度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏