クリックして、メイン・ページへ!店長の日記
たいした事は書いていませんが、米工房の近況です。
2002年の日記 2003年の日記 2004 年の日記 2005年の日記 2006年の日記 2007 年の日記 2008年の日記 2009年の日記 2010 年の日記
2011年の日記 2012年の日記 2013年の日記 2014年の日記 2015年の日記 2016年の日記 2017年の日記


2017 年

2018年3月

再生の春


全国で、記録的な豪雪でした。
米工房がある北海道・沼田町は、
もともと豪雪地帯ですが、
さらに、豪雪でした〜。

それでも春は、やってきます。
農家のみなさんは、
コメの種をまく準備が始まります。
中学3年生は、
新しい希望に出発しました。
ノマドの窓。
3月6日、『再会の塔』の除雪。
終わらないしかけ。
3月9日、沼田中学校『同窓会』入会。
私が再び、ここに来ることって、あるのかな?
3月11日、沼田中学校『卒業式』。
今日からデジカメは、IXY650。
3月15日、米工房で、精米♪
沼田中学校には、
『再会の塔』があります。
卒業式の前に3年生が、
作文「10年後の私」などを
タイム・カプセルに入れて、
この塔の中に入れ、
10年後に再会して開くのです。

この『再』は、『再』のようです。
この時期にコメの種がまかれるように、

季節がめぐるように、
中学生もたくましく成長してゆきます。


2018年3月28日 水曜日
晴れ 10:55Am 気温8.1度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏



2018年

あけまして
おめでとう
ございます


みなさま、健康で
 新年を迎えられたことと思います。

米工房は、 1月5日(金)より、
本格的な営業を再開させていただいています。
さっそく、多くのご注文をいただいています。
おかげさまで今年の「初荷」も順調に開始でき、
あらためて感謝を申し上げます。
「おいしい♪」を、届けるために。
元旦の札幌市『北海道神社』。
買った古本4冊は、片岡義男『日本語の外へ』、小川隆夫『マイルス・デイヴィスの真実』、國分功一郎&山崎亮『僕らの社会主義』、SWITCH2017年1月号『荒木経惟』。
我が家のお正月(笑)♪
お米の生産現場では、
昨年に引き続き、いよいよ具体化に向かう
「減反の廃止」、「TPP」、「農協の改革」、「消費税」など
政治がらみの不透明さで混乱しています。
かつての農業は「天候」が一番の気がかりでしたが、
現在は「政治」が一番の気がかりなのでしょうか。

そして、米工房にとっての 2018年は、
例年どおりに、
田んぼでの苦労と、
食卓での笑顔を
結び付けられる年になればいい なぁと考えています。


生産者が想う「米」への気持 ち、
消費者が感じる「ご飯」から生まれる愛情。

今年の米工房も、そんなみなさまの間で喜ばれる
集荷、精米、配達な どをしていきたいものだと想います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月6日 土曜日 雪 2:52Pm 気温-2.2度
Text by. 米工房HP店長 久保元宏